ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

「株で富を築く バフェットの法則」の感想


「世界一の投資家」と言われるウォーレン・バフェットの投資手法や銘柄選びなどをひたすら研究してまとめられているのが、株で富を築く バフェットの法則という本。

何度か最新版が出ているので、おそらく多くの人に読まれているであろうこの本。僕が「株式投資って面白そう!」と思うキッカケになった本なので、今更ながら感想でも書いてみることに。

「株で富を築く バフェットの法則」の書評

株式投資を本気でやりたくなる

バフェットの法則を読んだら、自分が今まで「株式投資」と思ってやっていたことがいかにギャンブル的で、投機的だったかを思い知らされた。

これが、最初の衝撃。世界一の投資家のやり方は、素人とは全然違ったんですよ。

僕は、バフェットの法則を読んでから、とりあえず決算書の読み方から勉強し始めました。

世界一の投資家の投資手法は真似できる

バフェットの法則に書いてあるバフェットさんの投資手法が真実だと仮定すると、世界一の投資家の投資手法は頑張れば真似できると気付く。

この本には、バフェットさんの銘柄選びの基準やら、買うタイミングやら、ポートフォリオの組み方やら、企業の内在価値の計算方法まで書いてあるので、全部吸収すれば、バフェット流の投資が気に付くような気がした。

当時の僕は、この本をひたすら熟読していた記憶がある。

真似できないウォーレン・バフェット

バフェットの法則を読んで、これも気付きました。「バフェット流投資には、一般人には真似できない部分がある」と。

「バフェットが買った株は株価が上がる」なんていうのもそうだけど、何よりもバフェット流の資金集め。これは真似できないと思った。

普通の個人投資家は、貯金を投資に回す。当然、これだと大した利益は期待できません。

その点、バフェットさんは、投資パートナーシップを結成して資金集めをしたり、保険会社などを買収して投資資金を確保したりと、簡単には真似できないやり方で資金を集めている。

これを読んでも世界一の投資家にはなれない

バフェット流の投資は、頑張れば真似できるはず。

しかし、バフェットさんのビジネス的な部分(資金集めなど)まで真似できないと、裕福な投資家にはなれないと感じた。

いくら高い利回りを叩き出せても、元本が数十万や数百万しかないようでは、たいした利益にならない。

それに、個人でやり続けている限り、「顧客から手数料を受け取る」のような儲け方はできない。投資ばっか考えていると、大物にはなれないってことなんでしょう。

かなり面白い本には違いない

株式投資を少しだけかじった程度だった当時の僕の率直な感想は「この本、面白い!」だった。内容的にもそんなに難しくないので、会計の知識とか持っていなくても、ちゃんと読めた。

見分を広める意味で、読んでも損はしない良書だと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧

 - 株式投資, 投資の本

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

  フォローお願いします!

follow us in feedly

最終更新日:2017/05/20