ワイクラ

今まで読んだ中で一番後味が悪い小説はこれだった

「悲しみのイレーヌ」という小説。ちっちゃい警部が主人公。フランスの人が書いた小説だったかな。

「悲しみのイレーヌ」について

終わり方がこれ以上ないほどの後味の悪さ

面白いんですよ。なかなか過激な残酷描写も多いんですけど。

「悲しみのイレーヌ」は、終わり方も過激です。事件を解決しようとして奔走する警部たちの活躍とか描いているわけですけど、最後は、事件です。

事件が起こって終わります。
タイトルを意識しながら読んでいれば、どういうラストになって終わるのかは何となく想像できます。

で、救いようのないラストが待ってます。ホント、絶望感しか残りません。

構成が面白い

物語構成が話題になってたみたいですね。第一部が400ページくらいあって、第二部はちょろっと。このおかしな構成は、読んでれば納得できました。

続編を読んだほうが救われるかも

僕は続編から読みました。友達が「これ面白いよ!」と貸してくれたので。

その続編が、「その女アレックス」です。こっちのほうが話題になってたので、僕みたいに続編から読んだ読者が多いんだとか何とか。

「その女アレックス」のほうがスッキリした終わり方。前作の事件についても触れているので、「その後」が気になったら、是非とも読んでおきたい小説。

というか、「その女アレックス」のほうがスッキリしていて面白いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - エンタメ

  関連記事

洋楽ロック好きでもやっぱり斉藤和義はカッコいい

「カッコいい洋楽ロックバンド!僕のおすすめを全力紹介」で紹介したような洋楽ロックが好きな僕ですけど、それでも斉藤和義は好き。洋楽ロック好きからすると、日本のロッ …

映画「シング・ストリート – 未来へのうた」が傑作すぎたのでレビュー

去年(2015年)の同じくらいの時期にやってた映画「セッション」を稀に見る傑作と称していた僕だけど、今年もそんな傑作に出会ってしまった。 マジ、最高だった。爽や …

【小説】「夢をかなえるゾウ2 – ガネーシャと貧乏神」がやっぱり面白い!

前作よりも自己啓発要素が薄くなり、小説感が強まった印象。 【小説】「夢をかなえるゾウ」が面白い!感想書いてみます やっぱり、面白かった!! 「夢をかなえるゾウ2 …

カッコよすぎる伝説的ロックバンド「JET」のアルバム3選

僕の大好きなロックバンド「JET」。オーストラリア出身のバンドで、地元ではスター的な存在だったようですが、数年前に解散してしまいました・・・。 2000年代から …

作曲のやり方は入門書で学んだ!初心者が作曲するまでの過程

もう10年前くらいの話です。僕が作曲のやり方を学んだのは。どうも、ケントマンです。 ギターを始めてから一年ほど経過すると、「オレも作曲したい!」という願望が芽生 …

これが傑作!面白かった映画をおすすめしてみる

個人的に印象に残っている面白かった映画をまとめて紹介してみる。あくまでも個人的に面白かったやつ。 映画探しの参考にでもなればと。この記事は、面白い映画を見付ける …

音質かコスパか。人気のイヤホンをおすすめしてみる

イヤホンって、「どれを選ぶか」によって音質がかなり変わります。良いイヤホンで音楽を聴くと、「マジか!音キレイやん!」という感じになるんですよ。いや、本当に。 音 …

ハゲタカのドラマと原作との違い!若干ネタバレを含む

何年か前にNHKでやっていた面白すぎるビジネス系ドラマ「ハゲタカ」。企業買収系です。ファンド系です。半沢直樹が好きだった人なら、絶対ハマります。僕はハゲタカのほ …

ブラック企業で働く若者が主人公の小説が爽快で面白かった

「ちょっと今から仕事やめてくる」という小説。これ。 新卒でブラック企業に就職してしまい、地獄のような日々を送っている若者の物語。「入社して6ヶ月じゃ辞められない …

Kindle版のおすすめの小説!ミステリー系からビジネス系まで

kindle版が出ているおすすめの小説をまとめて紹介 ビジネス系小説の決定版!企業買収合戦を描いた「ハゲタカ」 ドラマが面白すぎてハゲタカファンになり、小説にも …