ケントマンのお金のブログ

今まで読んだ中で一番後味が悪い小説はこれだった

本坪鈴

「悲しみのイレーヌ」という小説。ちっちゃい警部が主人公。フランスの人が書いた小説だったかな。

「悲しみのイレーヌ」について

終わり方がこれ以上ないほどの後味の悪さ

面白いんですよ。なかなか過激な残酷描写も多いんですけど。

「悲しみのイレーヌ」は、終わり方も過激です。事件を解決しようとして奔走する警部たちの活躍とか描いているわけですけど、最後は、事件です。

事件が起こって終わります。
タイトルを意識しながら読んでいれば、どういうラストになって終わるのかは何となく想像できます。

で、救いようのないラストが待ってます。ホント、絶望感しか残りません。

構成が面白い

物語構成が話題になってたみたいですね。第一部が400ページくらいあって、第二部はちょろっと。このおかしな構成は、読んでれば納得できました。

続編を読んだほうが救われるかも

僕は続編から読みました。友達が「これ面白いよ!」と貸してくれたので。

その続編が、「その女アレックス」です。こっちのほうが話題になってたので、僕みたいに続編から読んだ読者が多いんだとか何とか。

「その女アレックス」のほうがスッキリした終わり方。前作の事件についても触れているので、「その後」が気になったら、是非とも読んでおきたい小説。

というか、「その女アレックス」のほうがスッキリしていて面白いです。

時間を忘れるほど面白い小説!僕のおすすめ

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - エンタメ

ギターが上手くなりたい!って人へのアドバイス

ギター上手くなりたいですよね。カッコよく弾きたいですよね。そして、モテたいですよね!ってまで考えているかは知りませんけど、ギターが上手くなるには、それなりのコツ …

「すんドめ」という学園系ラブコメ漫画は意外と感動する

先程紹介した「ひとには、言えない。」という漫画に続きまして、「すんドめ」という漫画も紹介。おすすめの漫画をまとめた記事でも紹介しました。 Kindle版の漫画は …

「スラムダンク」の名言集!心に響く伝説のバスケ漫画

伝説のバスケ漫画「スラムダンク」には、数々の名言がありますよね。今回は、そんな「スラムダンクの名言集」から、僕が勝手に厳選したものを紹介。 主人公・桜木花道の名 …

ビジネス系の小説でおすすめなのはやっぱり「ハゲタカ」

投資をやっているのでビジネス小説を好んで読みたがるケントマンです! そんな僕がおすすめするビジネス系の小説は「ハゲタカ」。ハゲタカっていうのは、企業を買収して食 …

エレキギターは騒音がうるさいという勘違い

エレキギターはうるさい。騒音がひどいから、近所迷惑になる。僕も最初はそう思ってました。ギターを始めるまでは。だって、近所にエレキギターを爆音で弾く誰かが住んでた …

映画「シング・ストリート – 未来へのうた」が傑作すぎたのでレビュー

去年(2015年)の同じくらいの時期にやってた映画「セッション」を稀に見る傑作と称していた僕だけど、今年もそんな傑作に出会ってしまった。 マジ、最高だった。爽や …

作曲のやり方は入門書で学んだ!初心者が作曲するまでの過程

もう10年前くらいの話です。僕が作曲のやり方を学んだのは。どうも、ケントマンです。 ギターを始めてから一年ほど経過すると、「オレも作曲したい!」という願望が芽生 …

面白かった宮部みゆきの小説をおすすめしてみる

宮部みゆきさんの小説にハマっていた時期があり、何冊か続けて読んでました。そんな小説たちの中から、「これは面白い!」とマジで思った作品を厳選しておすすめしてみます …

アコギの音がうるさいときの対処法!「ミュート」が役立つ

意外や意外、「うるさい!」というイメージの強いエレキギターよりも、アコースティックギターのほうがずっと音がうるさいんです。 エレキに関しては、アンプを通さないで …

映画「インデペンデンス・デイ」の続編と前作との違いをまとめてみる

「インデペンデンス・デイ」は、好きな映画。その続編「「インデペンデンス・デイ – リサージェンス」をやるいうので、観てみた。 この続編、映画単体とし …