ワイクラ

お金と投資の雑記ブログ

僕がSBI証券を選んだ理由と、証券会社選びのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

take picture

株の取引をするには証券会社は必要ですし、投資信託や国債を買ったりするにも証券会社は便利。僕は20歳の頃から株を始めたわけですが、その頃から今までずっと「SBI証券」を愛用してます。

もちろん、始めるときは初心者なので何も知らなかった。何も知らなかったからこそ、「業界最大手」という言葉に踊らされてSBI証券を選んだわけです。それが一番の理由かな。

SBI証券

証券会社選びのポイント

手数料が安いかどうか

証券会社は「手数料ビジネス」なんて呼ばれるように、手数料命な部分もあります。だからこそ、短期トレードを勧めるようなことを吹き込むこともあったり。

手数料は、取引をする僕達からしたら「経費」です。経費を削減すれば、利益も増えるというもの。証券会社を選ぶとき、「手数料は安いか?」を考えるは大事。SBI証券は、「そこそこ安い」ってレベルですけど。

お目当ての商品を扱っているかどうか

株を取引できる証券会社は普通。あとは、債券の種類が豊富だとか、FXができるかどうかとか、外国の株を買えるかどうかとか、eワラントができるかどうかとか、投資信託の種類はどうかとか、信用取引をやりやすいかどうかとか、先物やオプション取引ができるかどうかとかで選べばいい。

この点だと、SBI証券は大手だけあって充実してる。

ネット証券かどうか

店頭取引だと、担当者とのやり取りが面倒なときもある。電話での取引が面倒なときもある。他人に流されないでやりたいなら、ネット証券がいいかも。手数料も安いしね。

破綻しないかどうか

ビジネスなんて、将来何が起こるのかわからない世界。わからないけど、できれば「破綻しなさそう」な証券会社を選んだほうがいい。まあ、何となくでいいんですよ。何が起こるかわからないんですから。

証券会社選びでどうでもいいこと

取引がしやすい

取引ツールが充実しているとか、どうでもいい。一番大事なのは、手数料が安いか。それだけ。取引がしやすいからといって、儲かるとは限らない。もっと大事なことがある。

情報が充実している

会社四季報が見られる、指標が充実している、ニュースが流されている、その他諸々。どうでもいい。証券会社で手に入れられる情報に価値があるとは考えにくい。必要な情報は、他人任せじゃいけない。

SBI証券が重宝している理由

最近は、株よりも、オプションを証券化した「eワラント」というものにハマっているので、eワラントの取引ができる数少ない証券会社であるSBI証券は重宝してる。住信SBI銀行の口座も持ってるから便利だしね。

実は普通預金よりも金利が高いSBIハイブリット預金の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 投資

株をやるメリットとデメリットは意外と単純なのかも

株には、メリットもあればデメリットもある。メリットを強調すれば「やりたい!」って人が増える一方、デメリットを強調すれば「株ってやっぱりやらないほうがいい」って人 …

業界最大手「SBI証券」のおすすめポイントとデメリット

どうも、ケントマンです。僕が株を始めるときに選んだのが「業界最大手」という名目で目立っていたSBI証券!かれこれ6年間くらい愛用してます。 証券会社はまず多くあ …

おすすめのネット証券会社!口座開設なら手数料が安いところに

おすすめのネット証券会社を紹介しようと思っていろいろ調べてたら、「あれ?」ということに気が付いた。 本当は、「少額投資ならこの証券会社、高額の投資をするならこっ …

まぐれ、書評。投資家が運を実力と勘違いするワケ

ナシーム・タレブさんの「まぐれ – 投資家はなぜ運を実力と勘違いするのか」という本が面白すぎるので紹介。投資をするとき、いい結果が出れば「才能」だと …

投資信託(投信、ファンド)とは何か

投資信託(ファンド)とは、簡単に言うと、「いろんな投資家からお金を集めて、代表者がそのお金を運用するもの」という感じ。投信なんて言葉もありますが、投資信託を略し …

株式投資の勉強方法!初心者じゃなくても本質を知るべき

前の記事でも書いたけど、株式投資を本気でやろうと思ったら、勉強すべきことはたくさんある。本気の投資家たちの本を読んでいれば一目瞭然。 ギャンブル的な「投機」では …

リスクのない投資とはどんなもの?簡単に解説

ほとんどの人はリスクを嫌います。だから、投資を頭から毛嫌いする人もいるわけです。でも、「リスクのない投資」ができれば、そういうものがあるとすれば、投資に興味を持 …

各ソーシャルレンディングの利回りや特徴を比較できるようにまとめる

投資信託(ファンド)のような形でネットを通じて中小企業や不動産事業者などに融資ができるソーシャルレンディング。出資ではなく「融資」なので、受取り利息が投資家の利 …

株式の単元数と単元未満株をわかりやすく解説

例えば、一株100円の株があったとする。しかし、証券会社でこの株を買おうとしたら、「100株から」しか買えないことに気付いた。 この「100株から」のような制限 …

株の財務分析の勉強ができるおすすめの本4選

株式投資でファンダメンタルズ分析をするなら欠かせないのが財務分析。 ここでは、そんな財務分析の勉強に役立つ本を4冊紹介。 財務分析の勉強ができる本はこれがおすす …